テーマを意識しすぎたキーワードの安売りは混乱の元

ウェブサイトのテーマをコンテンツ化してたくさんのページで伝えることは、WEB担当者にとっては必要なことです。

それを伝える手段のひとつにキーワードを使った検索エンジン対策のSEOがあるわけですが、全てのページでメインキーワードを連呼させているウェブサイトがあるのは、ちょっと問題です。

メインキーワードの連呼がなぜ問題なのかを解説します。

ウェブサイトのテーマをキーワード化してSEOするに当たっては、各コンテンツページに合ったキーワードも用意する必要があります。
例えば「カルティエの新作長財布」を扱ったウェブサイトにおいては、トップページのタイトルは恐らく「カルティエの新作長財布|○○ショップ」と持ってくるでしょう。

ウェブサイトの構成としては、商品の紹介、カルティエの動向、長財布の利用法、他のブランドとの違い、価格や納期・支払い・配送の情報など、関連したコンテンツもたくさん用意できるはずです。
ここで、SEOを意識しすぎるあまり、各コンテンツページのタイトルにも「カルティエの新作長財布」を付けてしまうパターンがあります。

検索エンジンは確かにタイトルを重要視しますが、実際に検索ユーザーからの要求があれば、どのページが本当に検索ユーザーが必要としているのか、判断が出来ないですよね。
あえて検索エンジンを混乱に陥れるページ作りは、自らウェブサイトの評価を落とすことになります。

SEO初心者が犯しやすい失敗や落とし穴をピックアップ

SEO初心者が犯しやすい失敗や落とし穴をピックアップしてみます。

これから書き記すことに該当したSEO初心者は、ショックを受ける必要はありません。
SEOに携わっている人のほとんどが経験しているであろうことだからです。

でも、この経験を早くしていれば、一皮向けることも早いのではないですか。

SEO初心者は、一生懸命になりすぎるあまりに、回りが見えていない傾向があります。
先輩であるSEOエキスパートの忠告や指導によって、ハッと我に返るわけですが、一方で心のどこかで自分は正しいと思っているのです。

SEOに正解が無い、と教えられているSEO初心者ほど、だったら自分のSEOは間違いではないのでは、と考えるのです。
技術的なことではなく、考え方やモノの見方に対しての総括的な判断力の無さもSEO初心者にはよくあることなので、失敗という経験を積み重ねることで、見方を自ら変えることに気付くまでは、同じ過ちを繰り返していくことでしょう。

SEOは正解はないのに、失敗だけは明確にわかるという、実に摩訶不思議なものです。

具体的なSEO初心者の過ちで多いのは、キーワードの集中化です。
アンカーテキスト、リンク、文章中のキーワードなど、全て同じキーワードを用いてしまうことです。
関連キーワードも含めて分散を心がけることでナチュラルなキーワードの利用はSEOの基本です。

SEO対策テンプレートでスマホサイト作成
失敗しないSEOのために順位アップ確率が高いテンプレート
https://www.seojuku.com/template/
SEOテンプレート×WordPressテーマ レスポンシブ