検索エンジン市場の群雄割拠を垣間見る

Yahoo検索はBingに変わると思い込んでいた人の裏をかいて、Googleと提携することとなったわけですが、現場はもっと驚いたのでしょうか?

実に興味深いんですよね、そういう内輪の話は。

Yahoo!検索のスタッフは、そのままGoogleエンジンをベースとしたSEOを可能とするYahoo!検索の業務を行うでしょうが、カスタマイズしての運用ということで、スタッフ自身もかなり興味津々な光景が目に浮かびます。

って、想像での話ですので、鵜呑みにしませんよう。
後は、ちょっとずつYahoo検索スタッフブログでコラムとして打ち明けてほしいですね。
無理かな。

思えば何やらYahooがGoogle化される前に、バックリンクデータをパソコン内に保存しようというキャンペーンが行われていた記憶がありますが、その目的は何でしょうか。

無料でバックリンク収集ツールが手に入れられるということのようで、それなりに感謝されるでしょう。
ですが気になることは、リンクがアフィリエイトリンクだったんですよね。

SEO業者のフリーミアム戦略の一貫でしょうか、バックリンクデータを保存した後のSEO実践にどう活かすのかについては、何も触れられていなかったのです。
今現在、そのバックリンクデータを活かすことが出来た人は、多分、少ないでしょうね。

«
»