SEOはウェブサイトを介してマーケッターの総合力の現れではないか

総合格闘技というジャンルの選手を見てみると、ベースのスポーツがあって、そこから総合格闘技に必要なスキルを身につけている感じがします。

柔道やレスリングをベースとした選手が多いと見ているのですが、打撃技もある程度のレベルがあってこそ、得意の戦術に持ち込めるのかなと思っています。
結局は、スキを無くすことが、総合格闘技には必要なのでしょうね。

SEOも総合力での勝負・・・と言いたいところですが、リンクリンクと連呼して集めまくれば勝者の称号が与えられることもあります。

コンテンツやユーザビリティなど、ウェブサイトの基幹部分が多少しょぼくても、リンクさえ貼っておけば上位表示は可能です。
上位表示に関してはですよ。

これがビジネスサイトとして、成約や問合せなど特定の目的を達成するためには、キャッチコピーなどのライティング要素が必要だったりします。

SEOブログ戦略
SEOで検索ランクを上昇させることでブログが活きるプロセスとは
www.seoragnarok.com/blog/
SEOブログ

カテゴリまたはメニュー構成もターゲットユーザーに訴求したいものに絞ることになりますね。

リンクについてもアンカーテキストに気を配ることは当然の仕事になり、結果として、スキのないウェブサイトを目指すことが最良ではないかと思います。
自然リンクはタイトルがアンカーテキストになる可能性が高いので、その辺のライティングも重要ですね。