作業のアウトソーシング

リンク作業の外注化で、気をつけなければならないことを挙げてみましょう。
リンク作業は、全く、SEOに関与したことが無い人には、任せない方が無難です。

どうしても工数がオーバーして、外注に頼らざるを得ない場合は、細かな指示書は用意しておくべきですね。
もしも、これらを怠った場合、巷の自動リンク登録などと、結果的に同じに成りかねないのです。

Yahoo!検索のGoogle化のXデーが見えてこない時期、今後のYahoo!検索への取り組みについてという主旨のセミナーが活況でした。

全国の至る所で、Google化したYahoo!検索での集客やプロモーション活動に頭を悩ませている、ビジネスサイトオーナーがいることを想定してのことです。
SEO事業者も手探りながらも、一筋の光明に手ごたえを感じている段階でした。

そんな中でも、ちっぽけなSEOでYahoo!だけで勝負してきたSEO事業者は、起死回生の策を練っていたかもしれませんが、どうなったのか・・。

話は戻って、アウトソーシングの実作業の研修を設けて、SEO対策サイトのリンク作業の要領を掴んでもらうなど、必ず指導や教育は必要になります。
SEOもユーザー目線で戦術を組み立てることで、予想以上のトラフィックを得ることもあります。

木を見て森を見ないのは、一番避けたい姿勢ですね。

«
»